【エチカ福島第3回セミナー開催のご案内】(改訂版)

福島の仲間たちと企画して立ち上げた団体です。
活動目的は、3.11以後に福島からしか立ち上がらないエチカ=倫理を、各分野で活躍される知識人を招きながら、聴衆も巻き込んで討議を行うセミナーの開催です。
講師のお二人は研究の最先端をゆく哲学者です。
ぜひ、多くの方々にご参加いただければ幸いです。

【開催日時】 12月21日(土)13:00〜17:15
【場所】 桜の聖母短期大学の講義室(をお借りする予定)
【テーマ】「原発事故は日本社会を変えたか?」
        ―社会を変える/社会が変わることへの哲学的探究―
【講師】 佐藤和夫先生(千葉大学名誉教授・哲学・アーレント研究・ジェンダー研究など)
     高橋哲哉先生(東京大学教授・哲学・デリダ研究・戦後責任論・記憶論など)

【タイムスケジュール】  
1.開会―エチカ福島とは― 13:00〜
2.第3回テーマの趣旨説明(渡部純) 〜13:15 
3.高橋哲哉 先生 60分 13:15〜14:15
  10分休憩
4.佐藤和夫 先生 60分 14:25〜15:25
  10分休憩
5.佐藤―高橋の対談40分 15:35〜16:15
6.会場との討議 60分 〜17:15
7.閉会 17:15

☆会場は桜の聖母短期大学をお借りできることになりそうです。
☆資料代として500円ちょうだいします。
☆会場は200人以上収容できる場所を、と考えています。事前の申し込みは要りません。
☆駐車場には限りがあります。ぜひ市内循環バスの利用をお願いします。

 
「エチカ福島」の第2回セミナーが開催されます。
日時:6/22(土)13:00〜
場所:福島県立美術館講堂
内容:「アートでつながるってなんだろう」
問題提起:
深瀬幸一(橘高校)
丹治嘉彦先生(新潟大学)

☆問題提起の後、90分、ゆっくりお互いに話をするがあります。
☆資料代500円ですが、美術館の常設展チケット付きです。




 「エチカ福島」のホームーページを作りました。

「エチカ福島」の第1回セミナーを、2/9(土)に下記の通り実施します。

講師に國分功一郎先生をお招きして、じっくり話をしたいと思います。
よろしかったらぜひ、顔を出してみて下さい。

場所 福島県福島市宮下町 福島県立橘高等学校 同窓会館
日時 2013年2月9日(土)13:30〜16:30ぐらいまで
定員 100名(先着順です<笑>)
講師 國分功一郎先生
第1部
 発表 1「震災における恐怖と人為=≠自然」島貫真(湯本高校)
    2「震災と原発事故の責任とは何か?」深瀬幸一(橘高校)
    3「アートとは何か?アートに何ができるのか?」丹治嘉彦(新潟大学)
第2部
 前半:國分先生の助言と講評
 後半:自由討議


詳細は下記チラシを。



1