2015年8月1日(土)13:30〜福島大学M2教室にて
エチカ第5回ワークショップ「教師の仕事を考える」
を開催します。

☆テーマ設定の趣旨

ふつうってなんだろう?
学力ってどういうこと?
土地に根ざす教育ってどうすればいいのだろう?

政治と教育、宗教と教育、そして何より学校制度と教育ってどんな関係なんだろう?……
教育を考えることは、私たちの「今」、そして歴史と未来を考えることそのもの。だから、切り口は無限にあります。

エチカ福島が<教育編第1回>として取り上げたいのは
差異(ちがい)と共同(つながり)
様々な差異を抱えつつ、教室で、そして地域で生徒と教師が共に生き、教育と向き合っていく……その課題と可能性を探ります。
-----------------------------------------------

☆実施要項
期日:2015年8月1日(土)
場所:福島大学 M2教室

日程: 開場13:00 開会13:30 閉会16:30

13:30-13:45 テーマ設定の趣旨説明(主催者)
13:45-14:15 報告1(小学校の現場より)
「地域に根ざす教師をめざして」

14:25-14:55 報告2(中学校の現場より)
「教育の湧き上がる場所」        
  ☆中学校の報告者は、短歌・俳句指導で全国NHKコンテスト学校賞を
受賞し、現在は特別支援コーディネーターをしている島貫妙子(い
わき市立平第三中学校教諭)。
小学校の報告者は、自らも障がいを持ちながら、地域教育を熱心に
実践している公立学校教諭。
いずれも現場の第一線で活躍している方からの報告です。
14:55-15:10 休憩
15:10-16:30 質疑および全体討議
                             (フロア全員による討論)
      司会:深瀬幸一(橘高校教諭)
                  助言:小野原雅夫(福島大学教授)

対象者:どなたでも(大学生・高校生も歓迎)
参加費:無料です
申込み:不要です(当日自由に参加できます)
-------------------------------------------------------

主催:エチカ福島    
共同代表 島貫 真(湯本高校)・深瀬幸一(橘高校)・渡部純(福島商業高校)・荒川信一(公立小学校)
                         アドバイザー 福島大学教授 小野原雅夫 新潟大学教授 丹治嘉彦
連絡先    電話:050-7120-4317 メール:ethicafukushima@gmail.com ホームページ:http://kitsuneinu.jugem.jp/

後援:福島大学人文社会学群人間発達文化学類        

ぜひ、ご参加くださいませ。

チラシはこちらです。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL