繰り返すけれど、「正しい」ことはきちんと認識されるべきだと思う。

東京電力第一原子力発電所は大規模な地震に耐えることができない、と指摘され、その通りだった。

これは本当に正しい。
私たちは彼らの声に耳を傾けるべきだった。
私たちの多くは耳を傾け、対策をとるべきだった。あるいは原発稼働を疑問なしに現状追認すべきではなかった。

しかし、実際にはそれができなかった。

さて、ではどうすればいい?

安全基準をもっと厳しくすれば再稼働していいのだろうか?
原発を即刻全て廃炉にすればいいのだろうか?

簡単に答えは出ないだろう。
それぞれの人が、それぞれの基準で大きな大きな話をしているのは分かるけれど。

そしてまた、事故が起こるまでは経済中心の視点が、事故が起こると安全重視の視点が、それぞれ「正しさ」を主張するのだろうか。

私にも意見はあるし、それは福島の住民として
「悪いことは言わないから原子力発電は止めておけ」
というものだけれど、ファンタジーのようにはそれが実現するわけではないだろう。

さて、ではどうすればいいのか。

今回の「エチカ福島」と「國分さん福島ツアー」を通じて、その可能性を少し考えることができた。

それは、たとえばこういうことだ。

今、福島の食の現場は厳しい。

厳しいとかいう言葉で形容することも躊躇われるような辛い現実がある。

ある飲食店のオーナーは
「果たして今福島で飲食店を営み、口に入る食べ物を出していいのか」
という疑問から始めざるを得なかった、という。

どこか遠くの安全な場所で、「想像力」から「恐怖」を導き出して「福島の食品は危険だ」と叫ぶ人が言うのではない。それは単なる「フクシマ」という記号に反応した「想像力」の発露に過ぎないだろう。

そうではなく、福島市内の現場で、その言葉が出てくることは、重く、深い。

で、彼は福島で休耕地を借りて、自分でそこを除染し、野菜を作りはじめる。
最初は高かった線量が、見よう見まねで工夫しながら実際に除染を続け、作物はND(検出基準以下)になった。

こういうことを言うのは躊躇われるが、福島県内だけが原子力発電所事故でセシウムが出ているわけではないだろう。
行政が正式に検査をしているのは福島県だけだ。
そしてさらに生産者が細心の注意を払って多重に手だてを講じ、重ねて継続的に検査しているのも福島県に限られているのではないか(出荷時にサンプル抽出の自主的検査をしている方は他にもあるだろうけれど)。

さて、ということは、皮肉なことだが、この多重な検査をくぐった福島産は、どことは言わないがもしかするとセシウム汚染があるかもしれない、そして公式にも個人的にも検査されていない地域のものよりは、安全だということに「なりかねない」。

私が現場を回って具体的にその作業の様子を見聞きしていくと、今放射能に関して言えば、「安全レベル」でいうと、丁寧にそうやって具体的な作業で検査されて出荷される福島県産(全てがそうだという意味ではありませんが)が、日本でトップクラスに「安全」だと実感した。

それはある意味「皮肉な」現実だ。

そして、その飲食店のオーナーがいみじくもいうように、そういう検査を尽くした「安全」と「安心」は違う。

だから、今回食に関するインタビューをさせていただいた現場の人々は決して、福島産が安全だから買ってください、食べてくださいとは言いたくない、と口を揃えて語った。

ある方は、
「福島のものは安全だから食べるべきだ」
ということは、たとえ応援のつもりの第三者であっても、あまり言ってほしくない、とまで語ってくれた。


彼らの実践と覚悟に接すると、想像力が生み出した「フクシマ」という「記号」の上でのYes/Noが、それだけでは実践的な意味を持たないことが理解できる。

最大限の努力をして、もしかするとそれが日本で(ということは世界で、です)もっとも放射能汚染について安全な基準を持っている産品かもしれないものでも、安心が成立するためには、まだまだたくさんのステップを踏まねばならない、と自覚し覚悟し、具体的に一歩一歩を歩んでいる方の表情を、ぜひ映像ができたら見てほしいと感じます。

それでも、
「不検出であっても福島のものは食べない」
という方はいるだろう。
それを無理に食べさせることはできないし、「安全」とか「危険」とかで説得することはしないだろうし、またすべきでもないだろう。

ただ、私たちは、地道で具体的な実践の積み重ね、その歩みを自分の瞳で見、自分の耳で聞き、味わいながら発信していくことはできる。

そんなことを考えた。












(以上)
続きを読む >>
うむむ。
うまく訂正できない……再アップします。
  

 
國分功一郎さんの

「日常的なことはあきらめられない」

ということばを聞いたことが、もしかすると今回最大の収穫の一つかもしれない。

この言葉は

スピノザ=ドゥルーズ=國分功一郎

の根底にあるものに触れている。
極めて哲学的に突き詰められ、現実の向こう側の遠くにあるような「哲学」を論じているようにみえながら、実は常に同時に

今=ここ

に視線を向け続ける。

そういうスタイルが共通している。

今ここが世界の開けだ、ということ。

常に具体的なものについて考える、ということは、思考は常に強いられて外からやってくる、とも見える。
しかし同時に、それを獲物を狙う動物のように待ちかまえているという点においては、単なる受動的な振る舞いとはほど遠い。

そういう「能動態」でもなく「受動態」でもない、いわば「中動態」とでもいうべき場所で、生成変化の端緒を「狙って待つ」。
動物=思考のプロフェッショナルの匂いがします。

民主主義についても、出生前診断についても、「実践的哲学」が不十分だった、怠ってきた、と國分さんは指摘していました。

「事件は現場で起こっている」

ということの半分を、ある「次元」で捉えるのではなく(現実の次元、で捉えるとその反対側に思惟の次元、が立ち上がってしまいます)、その場所で生起するという実践的な表れを、思惟するという表れと同時に踏まえて、「世界=自然=神」にまで動線を伸ばしていく。

そういう、途中二元論的にはなるけれど、最終的には一元論、みたいなところから発話しているように受け止めました。
だから、國分さんの発話は、哲学プロパーからみると学問から遠い、低い次元の啓蒙的(ことによったら営業的?)営為に拘泥しているようにすら見えるかもしれない。

他方「現場」から見ると、ちょっと面倒な手続きが間に入っているように感じてしまうことがあるかもしれない。

そこについて國分さん自身の言葉で明確な輪郭を見えるようにしてもらうには、『ドゥルーズの哲学原理』をリリースした後で書かれるはずのスピノザ論(なかんずく『エチカ』論)まで待たねばならないのでしょう。

だって、我らが(笑)東浩紀はそれを「複数性の超越論」と「単数性の超越論」を「併置」し、後者が前者の「誤配」(=根源的には二元論)として「ぷっ」と立ち上がるっていうのに対して、國分さんは「平行論」(延長=物質と思惟=観念は一致する)をほとんどフィクションとしてではなく、立てるわけですから。


いわゆるモノと観念が一致する、なんてことはデカルトの精神と物質の二元論以降、あり得ないわけで、どっかで嘘をついているか、神秘的直観主義に「陥る」か、ということになる。

でも、デカルトを推論知、スピノザを直観知としてカテゴライズして満足しないエンジンが、國分さんの中にはあって、だから徹底的に「実践=哲学」を実践するわけです。

だから、『スピノザの方法』と『暇と退屈の倫理学』について、前者を哲学書、後者を啓蒙書と見るのは不十分。

前者はいわゆる文法遊戯であり、パズルのような論理の構築なのに対して、後者は実践の森を哲学者が「遊歩」する行為になっている。
両方が、「驚くべきことに一致」しているから、國分功一郎という著者がこれだけ市場で「利用」されているのに、消費されつくさないのだと私は思います。

理論(知)→現実への適応(啓蒙)

じゃないのですね。

まあ、どう読んでも大きな支障はないですよ、と、國分さんも(あたかもスピノザが下宿のおばさんにその信仰を保証したように)、言うのかもしれないけれど。









次に続く。



  
JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学 
 本文ページがアップできなかったので再度書き込みます。

「エチカ福島」第1回セミナー
「大震災がもたらした畏れと倫理」
が2/9(土)午後、 橘高校同窓会館で実施されました。

参加下さった皆さん、本当にありがとうございました。
スタッフを含めて参加者は約40名。
現役の高校生から、80歳ちかくの方まで、幅広い年齢層の方に集まっていただいたきました。
イベントを企画した者として、とてもうれしかったです。

そして、予定を1時間近くオーバーする長丁場にもかかわらず熱心におつきあいいただいたことに感謝します。

初めてのイベントで、運営上の不備や内容バランス、進行の仕方など課題が残る面もたくさんありました。
次回以降の連絡も考えておられる方の連絡先の受け皿がなかったこと、

イベント自体についての感想•意見をいただく仕組みをもっと考えるべきだったこと、

取り上げた課題がてんこ盛りで、4時間もかけたのに議論の深まりという意味では不満が残ったこと

など要検討の点はたくさんあります。
せっかく皆さんに集まっていただくからには、より「面白い」場所を目指したいですから。

次回はもっとゆっくり考えたり、もう少し対話を深めることができる場にしていきたい、と思っています。

セミナーの内容自体について、これからこのサイトでゆっくり振り返っていきます。

よろしかったらお付き合い下さい。















 「エチカ福島」を立ち上げた理由。

震災から2年が経とうとしている今、イベントを企画し、セミナーをやろうとするのはなぜなんだろうか。

言えることは、発信しなければならない、という思いが強くなった、ということだ。
やるなら自分で、とも思う。
だが、自分が発信しなければ、という風には思わない。
だって、私はそんなに伝えるべき豊かな情報を持ち合わせているわけではない。

ただの退職間際の高校の国語教師です(苦笑)。
震災体験を振り返ってみても、それほど苛酷な経験をしたわけでもない。
勤め先はまだプレハブ校舎で、被災中、という意識はなくなることがないけれど、特別それが大変だとは思わない。

そういう意味でいえば、もっと深刻な状況で、切実に発信しなければならない必然性を抱えた方は他にいらっしゃるはずだ。

なぜ、今「エチカ」なのか。
「エチカ」という名前はスピノザの主著『エチカ(倫理学)』から拝借した。
スピノザの考え方が、今福島で思考し行動していくときに頼りになる、と直観したからだ。

社会的にしつらえられた様々な基盤が一挙に自然によって引き裂かれ、道路も水道も電気もガスもない状態になったところに、原発事故が起こって放射能汚染という未曾有の、目に見えず(当時は)計測すらままならない「災害」に直面したあのとき、私たちは、今までの行政や政治、社会的なシステムでは到底「間に合わない」という経験をした。

社会的なシステムの裂け目から、「自然」がぬっと顔を初めて覗かせた、そんな印象を持った。

津波も地震も、巨大な衝撃を私たちにもたらした「自然の猛威」に他ならなかったが、それにもまして衝撃であり、今も私たちを根底から規定しているのは、原発事故による放射線の問題だ。

今までのような社会システムが、とうてい十全に機能し得ないような課題が、私たちの目の前にある。
政治も行政も、今まで私たちが依拠してきた文化や習慣、土地に根ざしたシステムの全てが、安定した基盤を失ってしまった。

さてしかし、そういう極めて不透明で、簡単には答えの見つからない現実の中で、私たちは生きることになった。

では、どんな風に生きていきたいのか?

一人一人が自分自身に問いかけることから始めなければ、何もできない、そんな場所に立たされている。
住み処の連続性さえ脅かされ、土着的に生きようとしてもその「土地」も放射能に脅かされ、かといって、どこか別の新天地に希望ある未来が開かれているのか、といえば到底そうは言えない。

そこでは、「たった一つの冴えたやりかた」を「本来的なものとして」求めることは、確実に自分を不自由にするだろう。
とにかく、自分に与えられた可能性条件の中での最良の解を求めて、自分の力を十全に発揮できるように歩み始める以外に、私たちができることはそう、多くないのだ。

そのとき、参照されるべきはこの「世界」そのもの、いいかえればあの「社会的」な制度や基盤の裂け目から顔を覗かせた「自然」そのものだろう。
なぜなら、そこにこそ私たちが敢えて受け止めて生きようとする前提が見えるからだ。

答えは一つに収斂することなどないに違いない。
だが、私たちは大震災と原発事故を目の前にして、ただバラバラで無力なモノとしてだけ生きるわけにも行かないだろう。

どう生きればいいのか、から、どう生きたいか、へ。

世界が指し示す「生の可能性条件」の限りにおいて、十全に自分の生命力を発揮する「生き方」はどのようなものなのか。

それを共にあきらかにしていきたいのである。